スタイルガイド

決まる会議の3つの特徴

決まる会議の特徴の画像

決まる会議の特徴の画像

プログラム概要の画像

プログラム概要の画像

導入プランの画像

導入プランの画像

決まる会議では独自の方法論で会議の改革を実現します。大事にしているのは、実践できるスキルを押さえていること、自分たちで改善し続けられること、会議の変革だけでなく会社の風土・思考・行動パターンの変革を念頭に置いたプログラム構成としていること、に集約できます。

【特徴 その1】 「研修」よりも高いスキル定着効果

「決まる会議」のコンサルタントは、会議のファシリテーションを行いません。いつもどおり会議メンバーが主体的に会議を進める前提です。 私たちは、「会議の進め方を伝え」、「会議を見守って終了後にフィードバック」することに徹します。 「学ぶ」 → 「実践する」 → 「振り返る」を繰り返すことで、確実に定着します。

【特徴 その2】 クライアントが主役・クライアント自身で変化を起こせるプログラム構成

研修を受けただけでは実践できませんし、外部コンサルタントによって短期的に改善できてもまた元に戻ることは少なくありません。 「決まる会議」では「自分たちが変革を続けられるようになること」を念頭にプログラムを構成し、コンサルタントもクライアント自身が自ら変革を進められるよう常に配慮していま す。

【特徴 その3】 会社の組織風土・思考・行動パターンの変革に繋がる実践支援

決まる会議導入によって、貴社の会議に以下のような効果が期待できます。

ムダな議論がなくなる

本当に議論すべきことに集中します。また行動に直結する議論を促します。 もちろん、行動の振り返りを必ず行い、PDCAサイクルを回し続ける仕組みを定着させます。

全員参加の議論になる

会議で良く見られる「自分の発言機会以外は他人事」という状態をなくします。 誰が発した課題に対しても、全員で解決することを目指します。

ムダな議論がなくなる

【特徴 その1】 「研修」よりも高いスキル定着効果

【特徴 その1】 「研修」よりも高いスキル定着効果

  • 決まる会議導入によって、貴社の会議に以下のような効果が期待できます。
  • 決まる会議導入によって、貴社の会議に以下のような効果が期待できます。
  • 決まる会議導入によって、貴社の会議に以下のような効果が期待できます。
業務内容 想定業務詳細
事前業務
  • 研修日調整
  • 告知準備、告知開始、申込受付、受講者人数確定
  • 講師への連絡(日程調整、リマインド、会場等案内、テキスト作成依頼、テキストPCデータ確認、印刷手配、事前課題確認、備品確認、教室レイアウト確認)
事前業務
  • 研修日調整
  • 告知準備、告知開始、申込受付、受講者人数確定
  • 講師への連絡(日程調整、リマインド、会場等案内、テキスト作成依頼、テキストPCデータ確認、印刷手配、事前課題確認、備品確認、教室レイアウト確認)
  • 研修日調整
  • 告知準備、告知開始、申込受付、受講者人数確定
  • 講師への連絡(日程調整、リマインド、会場等案内、テキスト作成依頼、テキストPCデータ確認、印刷手配、事前課題確認、備品確認、教室レイアウト確認)

プログラム概要

会議変革のロードマップ

会議診断

  • 改善対象となる会議に同席し、会議の診断を実施します。
  • 当社独自の5つの観点で評価(スコアリング)するとともに、その特徴についてレポートします。
  • 診断結果に基づき、貴社の課題を共有し、改善の方向性を合意します。

スキル研修

  • 会議の基本原則を共有するため「会議の進め方の基礎研修」を実施します。
  • 上記研修に加え、貴社の課題解決に最適な研修をカスタマイズして提供するプランもご用意。
  • 研修コンテンツ例 ロジカルシンキング / 資料作成 / 部下とのコミュニケーション / 問題解決 / クリエイティブシンキング…

会議診断

  • 会議の準備段階からファシリテーターに対し助言を行います。
  • 実際の会議に同席し、会議の様子を記録します。
  • 会議終了後にフィドバックを行います。ファシリテーターには個別フィードバックも実施します。
  • 必要に応じ、ファシリテーションのデモを行います。
ゴール
  • 実際の会議を見ることで貴社の会議のリアルな課題を浮き彫りにすること。
  • 経営陣と課題認識を合わせること。
  • 自分たち(会議メンバー)では気付きにくい自分たちの姿(会議での言動)を自覚すること。
  • 経営陣(または部門トップ)にインタビューを実施し、会議の現状、そして事業特性・成長段階を踏まえた理想の会議の姿について具体的に理解します。
  • 対象とする会議をこの時点で決定します(複数の会議体を対象とすることも可能)。
  • 当社コンサルタントが会議にオブザーバーとして出席します。
  • その際、当社独自の5つの観点で会議を評価します。
  • 診断結果をレポートにまとめ、経営陣に報告し、現状の課題認識を合わせます。
  • 会議参加者にも診断レポートを開示し、会議変革に向けた意識を 醸成します。
  • 診断結果に基づき、会議改善の方向性を提案します。
ゴール
  • 会議メンバー間で共通の枠組み・言語を持つことで会議の変革のベースを合わせること。
  • 診断レポートで指摘された課題を克服するやり方を身につけること。
ゴール
  • 自分たちの会議の課題をひとつずつ解決すること。
  • 自分たちの課題に気づく感度を身につけること。
  • プログラム終了後も継続的に自分たちの会議を進化させる観点や方法を理解すること。
アジェンダレビュー
  • 会議メンバー間で共通の枠組み・言語を持つことで会議の変革のベースを合わせること。
  • 診断レポートで指摘された課題を克服するやり方を身につけること。
会議の段取り確認
  • 会議で争点となりそうな議題を中心に、進め方を確認します。
  • 特に、前回までの指摘事項に対する改善策についても確認し ます。
会議実践オブザーブ(同席)
  • 会議に同席し、進行状況を記録します。
  • 進行に不安がある場合には、ファシリテーターに代わり、ファシリテーションのデモンストレーションをする場合もあります。
全体振り返り
  • 会議終了後30分程度の時間を取って、全員で会議を振り返ります。
  • 「良かった点」、「改善できる点」を討議し、次回の改善策を同意します。
  • 必要に応じ当社コンサルタントからもコメントします。
ファシリテーターとの振り返り
  • 全体の振り返り終了後、ファシリテーターと個別の振り返りを行います。
  • 会議準備から全体振り返りまで総括し、次回の大作を検討します。
  • 振り返りの他にも、随時ファシリテーターとは情報交換をします。

現在の導入プラン

当社のサービスを試してみたい

トライアルプラン
  • 会議診断
  • 会議の進め方基礎研修(1日)
  • フォローアップワークショップ(2時間)

※フォローアップワークショップ 診断や研修が実際の会議にどのような変化をもたらしたか、さらに改善を進めるべき点はどこか、なを討議します。

会議の基本原理を自社の会議に取り入れたい

ライトプラン
  • 会議診断
  • 会議の進め方基礎研修(1日)
  • 会議コンサルティング(4回)

組織が抱える課題を根本的に改善したい

スタンダード プラン
  • 会議診断
  • 会議の進め方基礎研修(1日)
  • カスタマイズ研修(半日×2回)
  • 会議コンサルティング(8回)

※フォローアップワークショップ 会議診断に基づき、特に強化すべきスキルを見極め、当社が持つ研修から貴社に本当に必要となる要素を抽出し提供します。

無料で貴社の会議を診断!
TOP