決まる会議の特徴

決まる会議 3つの特徴

決まる会議では独自の方法論で会議の改革を実現します。大事にしているのは、実践できるスキルを押さえていること、自分たちで改善し続けられること、会議の変革だけでなく会社の風土・思考・行動パターンの変革を念頭に置いたプログラム構成としていること、に集約できます。

【特徴 その1】 「研修」よりも高いスキル定着効果

「決まる会議」のコンサルタントは、会議のファシリテーションを行いません。いつもどおり会議メンバーが主体的に会議を進める前提です。
私たちは、「会議の進め方を伝え」、「会議を見守って終了後にフィードバック」することに徹します。
「学ぶ」 → 「実践する」 → 「振り返る」を繰り返すことで、確実に定着します。

【特徴 その2】 クライアントが主役・クライアント自身で変化を起こせるプログラム構成

研修を受けただけでは実践できませんし、外部コンサルタントによって短期的に改善できてもまた元に戻ることは少なくありません。
「決まる会議」では「自分たちが変革を続けられるようになること」を念頭にプログラムを構成し、コンサルタントもクライアント自身が自ら変革を進められるよう常に配慮していま す。

【特徴 その3】 会社の組織風土・思考・行動パターンの変革に繋がる実践支援

決まる会議導入によって、貴社の会議に以下のような効果が期待できます。

ムダな議論がなくなる

本当に議論すべきことに集中します。また行動に直結する議論を促します。
もちろん、行動の振り返りを必ず行い、PDCAサイクルを回し続ける仕組みを定着させます。

全員参加の議論になる

会議で良く見られる「自分の発言機会以外は他人事」という状態をなくします。
誰が発した課題に対しても、全員で解決することを目指します。

結論の質が向上する

「前例を踏襲」したり「やるべきことではなく、できること」から導かれる結論ではなく、「自分たちの思考の枠やクセを超えて」本当に取り組むべきことを見据えた結論が出るようになります。

こうした効果が、プログラム参加者の会議以外の場での行動変容をも促し、次第に会社の組織風土・思考・行動パターンの変革へと繋がることを念頭にプログラムを開発しています。

無料で貴社の会議を診断!
TOP